コロナウイルスの影響による定願寺の今後の方針 5月22日

2020年5月22日

定願寺門徒各位

定願寺住職 楠 正知

コロナウイルスの影響による定願寺の今後の方針

 4月7日に発令された緊急事態宣言も5月21日にようやく解除となりましたが、一方でワクチンや薬が出来たわけではなく、現時点においてもコロナウイルスの恐怖が消えた訳ではございません。約二ヶ月に渡り月参りに関しましては、訪問によるお参りは行っていませんが、もうそろそろお参りに来て欲しいという連絡とまだしばらくは様子を見たいという連絡を頂いています。
そこで6月1日以降の定願寺の方針を下記の通りとさせていただきます。なお、お参りに関しまして東本願寺からの指針がでています。お参りの際には1~7の項目の協力をお願い致します。

1 手洗い・手指の消毒を徹底してください。
2 咳エチケットを心掛けるとともに、勤行・読経の際にもマスクを着用ください。
3 感染リスクを減らすため、3つの「密」を避けてください。
4 37.5℃以上の発熱や体調の優れない方は必ず前日までにご連絡をください。
5 訪問時・読経中も感染防止の為、マスクは着用させて頂きます。
6 読経終了後はすみやかに退室いたします。
7 住職の体調不良により急遽お参りを中止させて頂く事がございます。

合掌

①月参りについて
緊急事態宣言が解除されましたが、5月中の月参りはこれまでと同様に原則中止とさせて頂きます。6月1日からは、いわゆる大阪モデルにあわせてお参りを再開します。大阪モデルの指針、赤色・黄色が点灯しましたら、お参りは原則中止とさせて頂きます。緑色の場合は原則的に月参りを再開します。しかしながら、時期尚早というご意見もありますので、お寺でお参りをと思われる方は、前日までに定願寺までお電話(06-6758-1684)にてご連絡をください。

②法事について
基本的には通常通りと思っていますが、3つの密を避けるための御協力をお願い致します。ご自宅で法事をされます場合は人数制限をしていただき、畳1畳につき1人の間隔をお願い致します。なお、仏間の大きさによっては親族が収容できないという場合もございますので、定願寺本堂にて法事をされることを強く希望します。二十名まででしたら間隔をあけてお参りをすることが出来ます。

③お葬式について
四条両寺(定願寺・法蔵寺)の同行の方は四条葬儀委員会の対応に従って下さい。四条檀家以外の御門徒の方につきましては、お寺(定願寺)にて葬儀をして頂くことを推奨します。地域(自治会)の会館・ご自宅での葬儀は濃厚接触による集団感染源になり得る可能性がありますので、なるべく遠慮していただきたく思います。また定願寺の葬儀に関しまして、本堂の面積から濃厚接触にならない20人程度までの親族で葬儀をさせて頂き、それ以上の人数を見込む場合は大きな会館をお持ちの葬儀社をご利用頂きたく思っています。コロナウイルスが落ち着いてから後日「偲ぶ会」等で対応されることを推奨します。

④今後の行事について
側近の大きな行事は8月15日予定の盂蘭盆会永代経法要ですが、現時点では判断出来ないため後日改めてご連絡をさせて頂きます。

⑤その他
ご不明な点がございましたら定願寺にお問い合わせください。


コロナウイルスの症状について【拡散記事】

知り合いの方から拡散して下さいとの事で回ってきました。為になるので紹介します。

------

東京の大学医学部付属病院で看護師をしている者です。

この度、4月頭からコロナ外来に選出され、毎日PCRや入院手続きなど実施しています。今私から最新の情報を発信できるとおもい、情報をアップします。まず大事なのは漠然と怖がらないで、きちんと理解して適切に怖がろうということです。空気感染ではないので、ふわふわ飛んているのではなく接触!飛沫!人のしゃべるツバ!この見えない概念の理解が大事かなと思っています。マスクとマスクをしていれば基本的にうつりません!

以下、100人くらい問診した結果からの情報です。

<症状の特徴>

コロナウイルスは7日〜10日にピークを向かえます。

1、最初に倦怠感が顕著に出る

2、頭痛がほとんどの人で出現

3、下痢(回数は多くない)も多い

4、途中から味覚と共に嗅覚も全くなくなる人が半分位いる

5、発熱 軽症:微熱がだらだらと続く

中症:39度台くらいまで上がる

重症:38度以上がずっと続く

特徴は一旦7日目くらいにおさまってまたぐんぐん出る

日内変動はある

6、咳や痰はあまり多くない印象

7、若くても息切れが出てくる

8、喘息や喫煙歴、糖尿病があると重篤化しやすい

9、肺炎像は両肺に淡い影がはっきりと出る

(レントゲンよりCTでしか読影できないことあり、CTがいいです)

<現在の治療>

対症療法のみ。当院では

○発熱、頭痛:カロナール(イブやロキソニンは✖️)

○抗生剤は基本的に効かないので飲まない

○咳:デキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物

○痰:カルボシステイン

○下痢:整腸剤(ミヤBMなど)

カロナールは400mg〜500mg/回 3回まで

<PCR受けるまでの流れと結果>

1、発熱と上記症状があった場合保健所に電話。ひどいと2時間繋がらないとか丸2日間繋がらないという現状がある。繋がらなかったら他の近隣地域の保健所に電話してください。

2、経過観察と言われることが多い様ですが、そんな時は近医にまず電話をしてから受診。だいたい上の薬+医師によっては抗生剤を出して自宅待機となる。

3、解熱しない、もしくは症状が消失しない場合は遠慮なく保健所にもう一度電話する。

4、それからPCRの検査を受ける場所を指定される。

5、病院や検査所から直接電話がかかってきて受診の日時を聞く。

6、保健証と現金を持って検査場へマスクをしていく。

(保健が効けば料金は1000円程度。CTなどを撮影すると6000円程かかる)

7、薬が必要であれば依頼して帰宅。帰宅は交通公共機関を使わない。

8、翌日保健所が検体を持っていく。今検査が立てこんでいて月曜日に出した結果が金曜日にならないと戻ってこない。つまり5日間位かかる現状。

9、自宅で呼吸苦が出たら保健所に電話。万が一繋がらなくて危険を感じたら迷わず救急車を呼ぶ。

10、症状が落ち着いたら今後はPCRしないで2週間後から普通の生活になる方向。家族も2週間同じ対応で。

<実際にうつる場所の印象>

1、居酒屋や外食店のホールスタッフの手が怪しい!毎回手指消毒していなければウイルスのついたお皿をさげて次の人のお皿を運んでいる可能性が十分あります。

2、ライブハウス系の人はよく来ます。

3、陽性の出た人の家族はほぼみんな陽性です。

4、孫が祖父祖母宅に遊びに行って濃厚接触をする。

5、病院関係のクラスターとその家族や、それらの人と接触した人。

<入院となった場合>

1、指定病院がなかなか空いておらず、とにかく医師が電話して探し回る場合が多い。その間患者は待っていて家族が荷物をまとめて持ってくる。入院したら面会は一切禁止。現金、持参薬も一切持ち込み禁止。

2、とにかく病室の中から出れないで対症療法のみ。

3、呼吸状態が悪化したら、ICUで気管挿管し人工呼吸器をつけるしかできることはなく、あとは患者の免疫力で回復を祈るのみ(悪化しても回復する患者もいる)

4、万が一のことがあった場合は最後まで家族に電話をして状態を伝え、火葬してから遺族に遺体を返す。入院になった時点で軽症化するまで一切誰とも会えず、そして重症化したら一気にあっけなく…という印象があり、ここが怖いところです。

5、軽症になったらすぐに専用の移送の車でホテルへ移動して療養。結構これは早い段階でスムーズにいきます。新患者や重症者のベッド床を確保するために。

<私が気をつけていること>

1、口から入るのが一番うつるので食べる前、ドアノブなどどこも触らない状態にしてから、爪や指と指の間までしっかり洗う!これにつきます!

2、1日8時間睡眠(睡眠を十分にとる)

3、現金は一切触らず全て電子マネー。

4、クラスターになっている場所や病院はできる限り行かない。

5、携帯電話は食事中触らない。帰宅後はまず第一に消毒してから家にいれる。

6、マスクの表面は絶対に触らない。ポケットにしまった手は汚染されていると認識する(マスクは基本1枚/日)

7、タクシーに乗らない。実はコロナ患者さんはタクシーで移動してる人が多いので、タクシーは基本的にコロナウイルスウヨウヨです。

<患者の流れ>

1、3月の3連休で陽性となった患者のPCR検査はピークアウトしてから実施されている。若い人が多く軽症が多い。

2、4/5週はその家族が続々ときて陽性になっている場合が多かった。高齢者にうつり、重症な肺炎も多々見られるようになった。

3、4/12週はクラスター本人とその家族も一気に陽性となった印象。

4、陽性になった患者の同居人はだいたいうつるので適切な隔離方法を指導している。

以上です。必要以上に怖くなるような情報は避けたつもりです。

日本は他国よりだいたい2週間程、対策や実行が遅れている印象があります。お金の心配も絶対あると思います。ですが、目先のことより、今ぐっとこらえることが大事な命を救ってくれます。私が今いる病院の中もまさにコロナ戦争ですが、みなさんに応援してもらって私達医療従事者は頑張れています。本当に感謝しています。長々と失礼しました。

写真は私が働いてるテントです。リアル感ありますね!中は暖かくしてます!

2020年4月18日 看護師…

------

医療従事者の皆様へ
危険をかえりみず最前線での対応本当にありがとうございます。定願寺としましても極力クラスタ感染を防止する努力をつとめます。このブログのサブタイトルでもありますが、どんなに雨が降って曇っていても・・・空は青いです。

合掌


コロナウイルスの影響による定願寺の今後の方針

2020年5月1日

定願寺門徒各位

定願寺住職 楠 正知
定願寺責任総代 川端芳治

コロナウイルスの影響による定願寺の今後の方針

 四天王寺は聖徳太子以来、宝物館、霊苑、庭園を含む、全お堂を閉堂ということです。1000年に1度あるかないかの国難となっておりますが、定願寺の御門徒の方からコロナウイルスに感染したとの連絡は現時点では入っておりません。連日のテレビ報道の通り、クラスタを生まない、家から出ない、自粛要請の指針があり、定願寺におきましては、4月6日以降の月参りは御門徒様の御理解のもと、すべてのお参りを本堂にてお勤めをしています。(ご自宅にお伺いをしてのお参りは1件もありません。)
4月・5月にお受けしていた法事のほとんどは白紙または延期となっていますが法事が不要不急の集まりとは思いませんが、定願寺としましては時期をずらすことを推奨させて頂いています。
三密(密集、密閉、密接)をさけ、外出してはいけないという政府の要請に従いコロナウイルスの影響による定願寺の今後の方針は下記の通りとさせていただきます。今後は様子を見ながら緊急事態宣言が解除されても、すぐにはお参りを再開せず、(お寺は年配の方が多い場所でもありますから)慎重に判断していきます。御門徒の皆様にはご迷惑をおかけしていますが、ご理解のほどよろしくお願い致します。

合掌

①月参りについて
4月6日以降、緊急事態宣言中の月参りは自宅訪問によるお参りは原則中止とし、毎朝本堂にてお参りをさせて頂いています。緊急事態宣言が解消されたとしても、しばらくは様子を見るために自宅訪問によるお参りは見送り、5月30日までは原則中止を継続したく思っています。祥月命日等を含め、ご自宅でお参りをご希望の方は前日までにご連絡(06-6758-1684)をお願い致します。

②5月中の法事について
4月・5月中のほとんどの年忌・法事は延期または白紙となりました。現在お受けしている5月中の法事に関しましては、コロナウイルスが落ち着くまでは個別に相談させて頂きたく思います。6月以降につきましては、現時点では判断できませんので改めてご連絡させていただきます。

③お葬式について
四条両寺(定願寺・法蔵寺)の同行の方は四条葬儀委員会の対応に従って下さい。四条檀家以外の御門徒の方につきましては、お寺(定願寺)にて葬儀をして頂くことを推奨します。地域(自治会)の会館・ご自宅での葬儀は濃厚接触による集団感染源になり得る可能性がありますので、なるべく遠慮していただきたく思います。また定願寺の葬儀に関しまして、本堂の面積から濃厚接触にならない20人程度までの親族で葬儀をさせて頂き、それ以上の人数を見込む場合は大きな会館をお持ちの葬儀社をご利用頂きたく思っています。コロナウイルスが落ち着いてから後日「偲ぶ会」等で対応されることを推奨します。

④2020年に予定していた行事について
コロナウイルスの終息が現時点では判断できませんので、その都度ご連絡させて頂きます。

⑤その他
ご不明な点がございましたら定願寺にお問い合わせください。


詐欺メールにご注意

このタイミングで人を騙すメールが頻発しているようです。

これは実際に住職のメールに届いたメールです。
差出のメールアドレスがYahooだったのと文面の内容が明らかにおかしいのですぐに見破る事が出来ましたが、
コロナ寄付やオリンピック寄付関連の悪いメールが今後も増えると思います。是非とも気をつけてください。

合掌


BBCニュースで

御門徒の皆様 いかがおすごしでしょうか
さて、今日はイギリスのBBCニュースの記事を紹介させていただきます。

 

https://www.bbc.com/japanese/video-52392925

聖マリアンナ医科大学病院の現在の状況を取材された内容です。

日本のメディアではなかなか放送されませんが、最前線では大変なことになっているようです。
私たちが出来ることはたった1つです。「家から出ない」 頑張って乗り越えて行きましょう!

合掌


法要(葬儀・法事等)における新型コロナウイルス感染症の感染防止に向けての宗派指針

現在定願寺におきましては、月参りは(4月6日より4月21日現在)すべて本堂にてお勤め(午前9時30分頃より)をしています。ご自宅にお伺いをしてのお参りは1件もありません。5月の法事に関していうと、数件の方が白紙または延期という連絡が多く、なるべく自宅待機、自粛という政府の要請に従って頂いています。各門徒様の年忌法要(法事)に関しましては、コロナウイルスが終息した後に改めて機会をもうけ仏前で手をあわせるのも良いと思います。

四天王寺は聖徳太子以来はじめての閉鎖という1000年に1度あるかないかの大変な事態になっています。アメリカをはじめ世界中で大変なことになっていますが、コロナウイルスが終息しないと仕事も生活も勉学も遊びも奪われてしまいます。目に見えないウイルスが相手なのでいまいち実感はないかもしれませんが、なんとかしてこの危機を乗り越えたいです。

4月6日4月7日に発表しました定願寺のガイドラインは継続します。5月6日以降も様子を見ながら慎重に判断したいと思います。今後、緊急事態宣言が解除されても、お寺は年配の方が多い場所でもありますから、慎重に判断していきます。御門徒の皆様にはご迷惑をおかけしていますが、ご理解のほどよろしくお願い致します。

 

東本願寺にて「法要(葬儀・法事等)における新型コロナウイルス感染症の感染防止に向けての宗派指針」が発表されましたので転載しておきます。

-----
このたび、法要(葬儀・法事等)における新型コロナウイルス感染症の感染防止に向けての宗派指針が発表されましたので、感染拡大防止に向けてご門徒や有縁の皆さまと十分にご相談いただき、下記のとおり対応くださるようお願いいたします。

1 法要前には必ず、手洗い・手指の消毒を厳守ください。
また、参列者にも同様に手洗い・手指の消毒を徹底いただくよう依頼ください。
2 常に咳エチケットを心掛けるとともに、勤行・読経の際にもマスクを着用ください。
また、参列者にも同様にマスクの着用を徹底いただくよう依頼ください。
3 感染リスクを減らすため、3つの「密」を避けてください。
① 「密閉空間」を避けるために、できるだけ換気をしてください。
② 「密集場所」を避けるために、参列者にできるだけ間隔をあけて着席するよう促してください。
また、お焼香も間隔をあけるよう配慮ください。
③ 「密接場面」を避けるために、間近での会話や対面による会話を可能な限り、避けてください。
※法話は一定の距離(2メートル以上)をあけてください。
4 法要終了後のお斎(会食)は控えてください。
5 37.5℃以上の発熱や体調の優れない方には、法要への参列を控えていただくよう依頼ください。
6 新型コロナウイルス感染症で亡くなられた方の通夜・葬儀等を執り行うにあたっては、
国の方針(※厚生労働省が示す「新型コロナウイルスに関するQ&A(関連業種の方向け)
令和2年4月15日時点版、3.遺体等を取り扱う方へ」等)を踏まえた上で医療機関や葬祭場とも連携をし、
感染防止のための衛生対策に努めてください。
7 日常的な自己管理を徹底し、感染症の媒介者とならないように留意ください。
8 新型コロナウイルス感染症への対処法を正しく理解し実行することで、
差別や風評被害が広がらないように努めてください。
以 上

-----

合掌

 


コロナウイルスに十分気をつけて下さい

皆さまもご存知の通り、巽南のとある病院から41人の新型コロナウィルス感染が報道されました。巽南からクラスタが発生するなど、どんどんと脅威が近づいて来ているようです。皆さまもどうか外出は必要最小限に控えてください。

合掌


普段なかなか出来ない事を

コロナウィルスの出口がまだまだ見えず、三密を避ける為に定願寺のご門徒の皆様にはご迷惑をお掛けしております。

本日は毎朝のお参りの後、普段できない内陣、後堂、後門の掃除をしました。

内陣の縦畳の畳や登高座の畳を天日干ししました。また、後堂に敷いているゴザも天日干ししました。もちろん拭き掃除もしました♪


内陣のお飾りを撤去し、掃除機をかけた後、拭き掃除をし、そしてワックス掛けをしました。

ワックスをかけた直後はピカピカに光っています。(ワックスが乾くと光沢は消えます)

後堂も

ビフォー


アフター

普段は掃除機くらいしかしないのでワックスまでかけるとやはり綺麗です♪


御給仕する台は直ぐにロウソクで汚く汚れてしまうのですが

とても綺麗になりました♪


おおよそ6時間くらい掃除をしましたが内陣がとても綺麗になりました。

明日は朝のお参りが終わったら外陣の畳を拭き掃除しながら本堂を綺麗にしようと思います。

コロナウィルスで外出できない分、普段出来ない事を色々やっています。コロナウィルスが終息し、月参りでご門徒様にお会いできる事を楽しみにしています。それまではもう少し我慢です。

合掌


新型コロナウイルスに関する対応について4月6日

2020年4月6日

定願寺門徒各位

定願寺住職 楠 正知
定願寺責任総代 川端芳治

新型コロナウイルスに関する対応について

急啓 日本各地にて感染が報告されている新型コロナウイルスについて、今にも緊急事態宣言が発令されそうな現時点に於いて、通常通りの法務が困難になってきています。実際に御門徒さんから月参りを辞退される方も増えています。
現在定願寺では日頃より手洗いうがい等の予防、定願寺本堂内におきましては、空気清浄機による空気清浄・加湿による感染予防で気をつけながら法務を執行しておりますが、住職体調不良による法務休暇を急遽頂く場合もございます。それらを踏まえた上で、今後の定願寺法務について下記の通り対応させて頂こうと思っています。ご理解の程宜しくお願い致します。

合掌

①葬儀について
行政は「現状では、緊急事態宣言が出ても、葬儀は“不要・不急の集まり”とは言えないため、遺族の意向を尊重したうえで、感染拡大防止対策を万全にしたうえで行っていただくしかない」という回答。都市封鎖(ロックダウン)については「どのような形で封鎖するのかなど決まっていないため、答えられない」とのことでした。
そこで、四条両寺(定願寺・法蔵寺)の同行の方は四条葬儀委員会の対応に従って下さい。四条檀家以外の御門徒の方につきましては、現時点に於いて緊急事態宣言が出ていなくても、家族葬・親族葬の形式を推奨します。読経に関して、コロナウイルスが原因でお亡くなりになった方は行政の指導・ガイドラインにそって行い、コロナウイルス以外の原因でお亡くなりになった場合は、お寺(定願寺)にて葬儀をして頂くことを推奨します。地域(自治会)の会館・ご自宅での葬儀は濃厚接触による集団感染源になり得る可能性がありますので、なるべく遠慮していただきたく思います。また定願寺の葬儀に関しまして、本堂の面積から濃厚接触にならない20人程度までの親族で葬儀をさせて頂き、それ以上の人数を見込む場合は大きな会館をお持ちの葬儀社をご利用頂きたく思っています。コロナウイルスが落ち着いてから後日「偲ぶ会」等で対応されることを推奨します。

②法事について
通常ご自宅でお勤めさせて頂いている年忌法要や満中陰法要などの法事ですが、お部屋の大きさ、たたみ1畳あたり1人(あるいはそれ以下の人数)で行って頂きたいと思っております。法事という性質上、通常の月参りよりも時間が長いことと、濃厚接触と言われる距離で読経・お焼香等をすることになります。できましたら定願寺本堂を使って頂き、椅子と椅子との間隔をとった上で法事をしていただき(定願寺本堂で間隔を開けると20名程度まで)、御斎(仕上げ・食事)を控えて頂き、読経後は速やかに解散されることを推奨します。コロナウイルスは症状が出ない事もあり、住職が感染源になることも考えられます。濃厚接触にならないような配置と換気等の配慮をお願いしたく思います。また、緊急事態宣言が発令されましたら現在ご法事をお受けしている方へは個別に相談させていただきます。
なお、浄土真宗では、ご命日より後に行う法事も善きご縁です。あわててご法事をされなくとも数ヶ月~1年程度遅らせても問題はございません。

③月参りについて
緊急事態宣言が出ていない4月5日現在は通常通り法務を執行していますが、コロナウイルスが心配で住職の訪問を辞退して欲しい場合は遠慮なくお電話にて「コロナウイルスが気になるのでお寺でお参りください」とお伝え下さい。また、緊急事態宣言が発令された場合は、基本的に月参りは中止とさせて頂きます。なお、ご自宅でのお参りをご希望の方はお伺いしますが、出来れば前日までに電話にてご連絡ください。緊急事態宣言発令中の訪問の際には換気・濃厚接触にならない配置等の配慮をお願いしたく思います。

④今年予定されている今後の行事・法要について
コロナウイルスがどのくらいの期間で終息するかわからない為、今年度予定しています行事・法要につきましてはある程度の終息宣言がでるまでは、中止または内勤めにさせて頂きたく思います。各行事・法要につきましてはその都度改めてご連絡させて頂きます

⑤その他
ご質問・ご不明な点がありましたら遠慮なくお電話にてお問い合わせください。
お問い合わせは定願寺06(6758)1684までお願い致します。

合掌