まん延防止等重点措置期間中の法務活動について

定願寺の住職です。昨日今日で法務についてのご質問を頂いていますので、まん延防止等重点措置期間中の法務活動の方針をご連絡させて頂きます。

皆様もご存じの通りまん延防止等重点措置が4月5日より5月5日で適用されました。
そんな中、昨日ですが、総代と会議をし、定願寺では現時点同様に通常通りの法務活動を続行するということになりました。

現時点において50%の方は、お寺でのお参りをご希望されていて50%の方が通常通りご自宅にてお参りをさせて頂いています。定願寺としましては特別、お電話連絡が無い限り通常通りお参りをさせて頂きます。

不安がある方や、気になられる方もいらっしゃいますのでお寺でのお参りをご希望の方はご連絡ください。

コロナで大変な時でも阿弥陀様はいつも寄り添って下さっています。
日々を過ごせることに感謝です。

合掌


定願寺より大事なお知らせ 20210211

2021年2月11日

定願寺門信徒各位

定願寺住職  楠 正知

定願寺より大事なお知らせ

 平素は宗門・定願寺の護持、教化活動にご理解頂きありがとうございます。
皆様もご存じの通り新型コロナウイルスが全国で拡大し、大阪でも二度目の緊急事態宣言が期間延長ということですが、この直近では徐々に減少傾向となっており、早ければ来週にも緊急事態宣言が解消されるかもしれません。そこで、月参りに関してですが緊急事態宣言が解消されましたら、解消された翌日より通常法務活動とさせていただきます。
とはいえ、減少傾向になっているだけで解決されたわけではございませんので住職のワクチン接種が済むまでは慎重に対応していきたいと思っております。
これまでの通り月参りを含む祥月命日などでお参りをご希望の方は緊急事態宣言中であってもお参りに寄せていただきます。また、緊急事態宣言解消後でもお寺でのお参りをご希望の方はお寺でお参りをさせていただきますので前日までにお電話にてお問い合わせください。

合掌

 

今後の指針と法事の状況

①月参りについて
緊急事態宣言中は自粛活動(お寺にてお参り)をさせていただいています。
緊急事態宣言が解除されましたら、通常通り月参りを再開させていただきます。

②法事について
緊急事態宣言の有無にかかわらず2021年度の法事のご予約を賜っております。最近の法事の傾向としましては親戚の方の参加も徐々に増えてきて、一時のような家族だけというケースが減少傾向にあります。本堂で執行する場合は10~20名くらいまでのケースが多く、ご自宅での場合は家族のみの5人程度が多いです。割合的には本堂での法事が多く8:2で本堂使用の法事になっています。ご予約状況ですが今年度の法事の対象は59件(1年を通じて毎週1件以上(お葬式・満中陰(49日)法要を除く))と非常に多く、現時点では二月、三月、四月の週末は法事のご予約で埋まりつつあります。お参りの件数の大小もありますが、特に週末の月参りはお参りの時間が早くなったり、遅くなる可能性があります。お参りの時間が気になる方は定願寺までお問い合わせください。ご法事優先でお参りをさせていただいています。ご理解のほどよろしくお願い致します。

③コロナ自粛について
住職のワクチン接種をもって自粛を完全に解除します。なお、近親者以外の方が集まる法要に関しましては衝立を使うなどコロナ拡大防止を継続させていただきます。住職がワクチン接種を行った際には月報やHP、LINE等でご報告させていただきます。

④春季法務休暇について
3月29日より4月1日まで法務休暇とさせていただきます。3月29日より4月1日の月参りの対象の方は3月28日午後2時より定願寺のほうでお参り(逮夜総経)をさせていただきます。なお、期間中は第五組青年会の研修がありますので住職不在となります。


年末年始について

いよいよ2020年も残りわずかとなってきました。
定願寺の年末年始及び6日以降の月参りは以下の通りです。

12月30日 法務休暇
12月31日 歳末勤行 午後11時45分より
1月 1日 修正会 午前11時より 午後2時より(兼逮夜総経)
1月 2日 正月参拝 午前8時より午後2時まで(本堂を開けておきますのでご自由にお参りください)
1月3日~5日 法務休暇

大阪モデル赤色点灯中ですので、年末年始の参拝に関しては基本的には控えて頂きたいと思っていますが、衝立をたてて飛沫対策をした上で法要をさせていただきます。参拝される方はマスク着用の上、検温の御協力をお願い致します。
1月1日は午前の法要開始より午後の法要が終わるまで、2日は午前8時から午後2時まで山門、本堂を開けてご自由にお参りいただけるようご用意しております。なるべく混雑を避けてお参り下さい。

1月6日以降の月参りですが、大阪モデル赤色点灯が11日まで継続されるそうです。大阪モデル赤色点灯中は月参りの自粛をさせていただきます。ご自宅にてお参りをご希望の方は1月6日以降にご連絡をくださいますようお願いします。(3日より5日は連絡を取れない場合がございます)

合掌


大阪モデル赤色点灯につき自粛します

2020年12月
定願寺門信徒各位
定願寺住職  楠 正知

定願寺より大事なお知らせ

 平素は宗門・定願寺の護持、教化活動にご理解頂きありがとうございます。
今年は新型コロナウイルスで御門徒の皆様に大変ご迷惑をお掛けしています。有効な治療方法等が一般的に処方されるまでは慎重に対応していこうと思っております。
さて、新型コロナウイルス感染症に伴う大阪モデル、赤色が12月3日に点灯しました。これまでも度々自粛を重ねてきましたが、大阪府発表の12月15日まで、あるいは赤色点灯が消えるまで月参りの自粛をさせて頂きます。祥月命日などでお参りご希望の方はご自宅に伺いお参りをさせて頂きますのでお電話にてお問い合わせください。なお定願寺の大阪モデル赤色点灯中の法務活動は以下の通りになります。  合掌

①月参りについて
大阪モデル(新規準)を基準に赤色が点灯中は自粛させて頂きます。黄色点灯になりましたら通常法務と致します。これまでの通り、御門徒の意志を優先しますのでお参りご希望の方は個別に対応させていただきます。

②法事について
現時点でお受けしている法事、これより予定の法事も含めてお受け致します。ご自宅よりも本堂の方が広いこともあり、ご自宅よりも定願寺本堂にて法事を頂く事を推奨しています(本堂の使用料金がお布施とは別に一万円かかります。詳しくは住職までお問い合わせください)。アルコール除菌、マスク着用の徹底をお願い致します。

③正月法要(12月31日・1月1日)について
大阪モデル赤色点灯であっても、予定通りお勤めは致します(衝立などの感染拡大予防をしながらになりますので座席数は30席ほどになります)。アルコール除菌、マスク着用の徹底をお願い致します。


コロナウィルス拡大していますが

この数日コロナウィルスの拡大がまた深刻な状況になってきました。大阪でも新規陽性者が200名を越えるなど第三波といっても良いかもしれません。

一方でマスク、手洗いなどでほとんど感染を予防できる事も伝えられています。

コロナウィルスに対する考えは人それぞれです。定願寺では御門徒の意思を尊重します。お寺としては現在は基本的には通常通りのお参りの方針ですが、気になる方はお寺にてお参りをさせていただきますので前日までにご連絡を頂きますようお願い致します。

法事など通常のお参りに比べて沢山の人が集まるお勤めでは、いわゆる三密になりやすいので空間の広いお寺でのお勤めを推奨しています。

お参りの際にはマスクの着用など感染予防のご協力をお願い致します。

コロナウィルスに慎重な方で普段あまり外に出ない方に気分が沈んだり落ち込んだりしている方を多く感じます。久しぶりにお参りさせていただき、お参りやお話をすると気分が元気になられる方が多く見られます。
このような時だからこそ感染予防をしながらお勤めやお話をするのも大事な事だと思っています。

合掌


報恩講のお知らせ

謹啓 初秋の候 皆々様には益々ご健勝のことと存じ上げます
平素は定願寺に対しまして何かとご協力を賜りありがとうございます

さて、今年は新型コロナウイルスにより、行事という行事を行うことが出来ませんでしたが、報恩講だけは何とか実施出来ないかと住職、総代で何度も話合いをし、コロナウイルス感染拡大防止対策をし、お席を通常よりも減らしたうえで(三十席)、報恩講を厳修したく存じます
講師には、定願寺ではおなじみの澤田秀丸先生のご子息で、東本願寺でも最近は御法話をよくされます、守口市清澤寺住職、澤田 見氏を迎え、親鸞聖人の教えを聞く機会になれば幸いです
なお 本来ならば、十月二十三日は子ども報恩講を実施しておりますが、こちらは中止という事になりました

新型コロナウイルス感染の終息が見えない中、色々な考えがお有りの事と思います 皆様の健康が第一でございますので、よくお考えいただき、ご参詣いただければ幸いでございます

合掌

  令和二年九月

報恩講
日時 十月二十四日(土)午後二時 御始
場所 定願寺本堂
講師 澤田 見(守口市清澤寺住職)
持物 念珠、マスク着用

小丘山定願寺


コロナウイルス

定願寺の門信徒の皆様

8月5~7日は夏季法務休暇を頂きました。ありがとうございました。

さて、連日の報道の通り大阪ではコロナウイルスの拡大が止まりそうにありません。
8月7日現在の大阪府発表のデーターではこの1週間の合計新規陽性者は1339人 数新規陽性者の感染不明の割合が56% 直近1週間の人口10万人あたり新規陽性者数は15人を超え、70歳以上の感染者も増えています。確実に4月5月よりも状況は悪いと言えます。

最近は定願寺の門信徒の方々からも自粛、本堂でお参りの連絡が半数を超えてきています。
外国の死者数を考えると、年配の方が中心となっている現在のお寺の状況では軽視できません。世間では自粛はしなさい、不要不急の外出は控えなさい、経済を優先しなさい、旅行を推奨するキャンペーン、里帰りは自粛してほしいと、あちこちで矛盾を感じるわけですが、それだけ難しい問題と立ち向かっていると言う事だと思います。

年代や自分のおかれている立場や環境で考え方の違いもありますし、10人が10人同じ考えというのは難しいと思います。
定願寺では以前よりお伝えさせて頂いているとおり、今現在は月参りに関しては基本自粛の方向です。住職が知らないうちに感染するのも問題ですが、もし感染していて万が一感染を拡大してしまうような事があってはならないと思っているからです。

連休明けくらいにもう少し数字が下がれば電話にてお尋ねしながら再開させていただきます。8月15日に予定していました盂蘭盆会永代経法要・清掃奉仕は中止となっています。初盆の方を対象とした盂蘭盆会法要・中陰・法事・葬儀につきましては、予定通りさせていただいています。感染拡大防止のご協力(マスク・3密・手洗いうがい)を継続してお願い致します。


法話「楽に生きる」沖野頼信先生/真宗大谷派大阪教区「銀杏通信」

この動画は以前、大阪教区銀杏通信で製作した沖野先生の法話です。よかったらご覧になってください。

足下ばかりを見ないで遠い先を見たとき、今、なんとか乗り越えれば遠くない未来は明るいと思っています。

合掌


コロナウィルス拡大

定願寺の門信徒の皆様

連日のテレビ報道もそうですが、身近な所でコロナウィルス感染が聞こえてきました。皆様におかれましてもマスクの着用と手洗いうがいを心がけて予防してください。

現在、定願寺本堂内で行われる法事、法要等では椅子等の備品の除菌の徹底に加えて座席数を減らし間隔をとり、アルコール除菌の設置と非接触体温計による検温の実施等ガイドラインにそってお寺を使って頂いています。御理解と御協力のほどよろしくお願い致します。

なお、今後の予定ですが、すでに手紙で配布させて頂いております通り8月15 日に予定しておりました盂蘭盆会永代経法要、清掃奉仕は中止となっております。 8月5~7日は夏季法務休暇となりますので8月4日の逮夜総経は予定通りさせて頂きます。初盆のお参りの方も予定通りさせて頂きます。

初盆の方で手紙が届いていない、あるいは返信がまだの方は定願寺までご連絡をお願い致します。 マスクの着用を徹底し、感染拡大防止にご協力頂きますよう宜しくお願い致します。

合掌


御門徒の皆様へ 大事なお知らせ

2020年7月7日

定願寺門信徒各位

定願寺住職 楠  正知
定願寺責任総代 川端 芳治

定願寺より大事なお知らせ

 平素は宗門・定願寺の護持、教化活動にご理解頂きありがとうございます。新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止および御門徒の皆様の健康と安全を確保するため7月6日に住職・坊守・総代で総代会を開き今後の法務教化活動及びコロナウイルスの対応について話合い、今後の指針を以下の通りご報告致します。門信徒の皆様には大変ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願い致します。

合掌

①月参りについて
大阪府が発表(http://www.pref.osaka.lg.jp/iryo/osakakansensho/corona_model.html)しております、大阪モデル(新規準)を基準に黄色・赤色が点灯しましたら月参りは基本的には4月・5月と同様に自粛し本堂にてお参りをさせて頂きます。緑色の基準内でもコロナウイルスを理由に本堂でお参りを希望される方はお電話にてご連絡ください。体調不良を感じる場合も同様にお互いに連絡を取り合いたいと思います。現時点では緑色の点灯ですので、通常通りお参りをさせていただいています。もし黄色が点灯しましたら、電話連絡させていただきます。黄色が点灯していてもご自宅でお参りをご希望されます方は個別に対応させていただきます。薬の無い現状に於いては、移らない・移さない事が大事です。近所の診療所に薬が出回るまで警戒していきたいと思っています。

②法事について
これまで通り、ご自宅よりも定願寺本堂にて(20名程度の人数)法事を頂く事を推奨します。アルコール除菌、マスク着用の徹底をお願い致します。

③盂蘭盆会永代経法要(8月15日)について
今年予定しておりました盂蘭盆会永代経法要はコロナウイルスの影響を考え、昼の部・夜の部、共に中止ということが総代会で決定しました。既にご参拝をご計画いただいていた皆様には大変恐縮に存じますが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。なお今年が初盆にあたる御門徒様には個別に案内させて頂きます。

④清掃奉仕について
9月中旬に予定をしておりました、1年に1度の清掃奉仕ですが、コロナウイルスの影響を考え今年度は中止ということになりました。来年は是非実施したいと思っています。

⑤夏季法務休暇・逮夜総経について
8月5日より7日の間は夏季法務休暇となります。8月4日午後2時より5日~7日の月参り対象の方のお勤めを定願寺本堂にてお勤めします。対象の方には個別に案内させていただきます。


コロナウイルスの影響による定願寺の今後の方針 5月22日

2020年5月22日

定願寺門徒各位

定願寺住職 楠 正知

コロナウイルスの影響による定願寺の今後の方針

 4月7日に発令された緊急事態宣言も5月21日にようやく解除となりましたが、一方でワクチンや薬が出来たわけではなく、現時点においてもコロナウイルスの恐怖が消えた訳ではございません。約二ヶ月に渡り月参りに関しましては、訪問によるお参りは行っていませんが、もうそろそろお参りに来て欲しいという連絡とまだしばらくは様子を見たいという連絡を頂いています。
そこで6月1日以降の定願寺の方針を下記の通りとさせていただきます。なお、お参りに関しまして東本願寺からの指針がでています。お参りの際には1~7の項目の協力をお願い致します。

1 手洗い・手指の消毒を徹底してください。
2 咳エチケットを心掛けるとともに、勤行・読経の際にもマスクを着用ください。
3 感染リスクを減らすため、3つの「密」を避けてください。
4 37.5℃以上の発熱や体調の優れない方は必ず前日までにご連絡をください。
5 訪問時・読経中も感染防止の為、マスクは着用させて頂きます。
6 読経終了後はすみやかに退室いたします。
7 住職の体調不良により急遽お参りを中止させて頂く事がございます。

合掌

①月参りについて
緊急事態宣言が解除されましたが、5月中の月参りはこれまでと同様に原則中止とさせて頂きます。6月1日からは、いわゆる大阪モデルにあわせてお参りを再開します。大阪モデルの指針、赤色・黄色が点灯しましたら、お参りは原則中止とさせて頂きます。緑色の場合は原則的に月参りを再開します。しかしながら、時期尚早というご意見もありますので、お寺でお参りをと思われる方は、前日までに定願寺までお電話(06-6758-1684)にてご連絡をください。

②法事について
基本的には通常通りと思っていますが、3つの密を避けるための御協力をお願い致します。ご自宅で法事をされます場合は人数制限をしていただき、畳1畳につき1人の間隔をお願い致します。なお、仏間の大きさによっては親族が収容できないという場合もございますので、定願寺本堂にて法事をされることを強く希望します。二十名まででしたら間隔をあけてお参りをすることが出来ます。

③お葬式について
四条両寺(定願寺・法蔵寺)の同行の方は四条葬儀委員会の対応に従って下さい。四条檀家以外の御門徒の方につきましては、お寺(定願寺)にて葬儀をして頂くことを推奨します。地域(自治会)の会館・ご自宅での葬儀は濃厚接触による集団感染源になり得る可能性がありますので、なるべく遠慮していただきたく思います。また定願寺の葬儀に関しまして、本堂の面積から濃厚接触にならない20人程度までの親族で葬儀をさせて頂き、それ以上の人数を見込む場合は大きな会館をお持ちの葬儀社をご利用頂きたく思っています。コロナウイルスが落ち着いてから後日「偲ぶ会」等で対応されることを推奨します。

④今後の行事について
側近の大きな行事は8月15日予定の盂蘭盆会永代経法要ですが、現時点では判断出来ないため後日改めてご連絡をさせて頂きます。

⑤その他
ご不明な点がございましたら定願寺にお問い合わせください。