定願寺を利用するにあたって

5月29日に行われました、EXPOいくのミーティングにて「巽南地域の昔の地図をつくりたい」ことと、「場所を提供したい」事を発表させていただきました。

この日から連日お問い合わせをいただき、コラボ企画がどんどん集まり決まったりしてとても盛り上がっています🙇

今回は場所の提供について、少し思う所を書かせていただきます。

例えば6月29日に行う予定の太鼓集団烈火さんとのコラボですが

「活動内容が明白」で、「YouTube等で紹介」されていて、「誰でもその内容がわかりやすく」、僕も「一緒に応援したい」「一緒にやりたい」と思う事が多くありました。

「地域の人の為」になったり「繋がり」であったりを感じましたのでとてもいい形でコラボさせていただく事になりました。

が、過去も含めてこれまでのお問い合わせの中でイベントなどを開催できなかった残念なケースもあります。

「一緒にコラボ」という形を取りたいので場所提供だけではなく、「お寺の設備を使っていただく」事をはじめ、「地域の方々に参加を呼びかけ」たり、一緒に「コラボをするかたを応援したい」ので、どういった活動内容かを聞いた上で、一緒にやりたいと思えないと難しかったりします。

例えば「内容がわからない活動」や「セミナー」、「著者が本人では無い他の方の出版物等において演説」「勧誘を目的とした内容」は難しいです。

「ご門徒さんあってのお寺」なので「ご門徒さんが困るような内容」と判断する場合、「お寺で今まで伝えて来たことに反する事、タロットなどの占いや、これをしたら幸せになるなどの宗教じみた事、カウセリングやセラピーなど」はNGです。

後よくあるのがホームページやInstagramをみて、お寺に協力したいと言う方は大歓迎なのですが、その内容が「納骨や葬儀を紹介します」などの「企業案件」もお断りしています。

もちろん「法に反する事は絶対だめ」です。

過去に実際にあった話ですが定願寺を使っていただく利用規約に「真宗以外の宗教活動は利用出来ない」という項目があります。
主催者が「宗教活動でないと言い張ってもこちらがそのような判断をした場合はご利用頂けない」ことがあります。

今回は特にEXPOいくのヒートアッププロジェクトで沢山の方の前でお寺を使ってくださいと言いましたが、お寺を使うという事はレンタルスペースやフリースペースではありませんので一方的に場所だけ貸して何かをするは少し違うと思っています。

「お互いに話しあい」「理解しあって」「地域」や「たくさんの方が笑顔」になって帰っていただけるようなそんな場所を目指していますので、「ただ場所を使うというよりは一緒に広めたり楽しめたり出来る方」に使って頂きたいです。

ご利用にあたっては「打ち合わせをさせて頂き」どのような内容であるかを「必ず聞かせて」いただいています。「内容が見えない」「何をするかわからない」では地域の方に説明もできません。

定願寺のパートナーになる方の「SNS」や「どのような活動をされているか」を調べさせていただき、それらの内容からお断りする事もございます。

「落語会」や「演奏会」「フリーマーケット」などの物販イベント、「縁日」のような飲食イベントなど「沢山の方が興味を持って笑顔になれるようなイベントを理想」としています。

住職に素敵なプレゼンをして頂きそれは面白そう!と思える内容でしたら住職の熱量も変わりますし宣伝の質も変わってくると思います!

人と人が繋がり、みんなが楽しく過ごせるような使い方をしたい方はぜひぜひご連絡お待ちしています。

#EXPOいくの
#expoいくのヒートアッププロジェクト
#定願寺
#生野区
#巽南
#場所提供について

小丘山定願寺
大阪市生野区巽南1-10-10
開門時間8時-17時 (毎月15日31日は閉門しています)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です