コロナウィルス拡大していますが

この数日コロナウィルスの拡大がまた深刻な状況になってきました。大阪でも新規陽性者が200名を越えるなど第三波といっても良いかもしれません。

一方でマスク、手洗いなどでほとんど感染を予防できる事も伝えられています。

コロナウィルスに対する考えは人それぞれです。定願寺では御門徒の意思を尊重します。お寺としては現在は基本的には通常通りのお参りの方針ですが、気になる方はお寺にてお参りをさせていただきますので前日までにご連絡を頂きますようお願い致します。

法事など通常のお参りに比べて沢山の人が集まるお勤めでは、いわゆる三密になりやすいので空間の広いお寺でのお勤めを推奨しています。

お参りの際にはマスクの着用など感染予防のご協力をお願い致します。

コロナウィルスに慎重な方で普段あまり外に出ない方に気分が沈んだり落ち込んだりしている方を多く感じます。久しぶりにお参りさせていただき、お参りやお話をすると気分が元気になられる方が多く見られます。
このような時だからこそ感染予防をしながらお勤めやお話をするのも大事な事だと思っています。

合掌


終活されている方へ

最近、少し寒くなってきました。皆さまは体調どうですか?
住職はこの時期になるといつも風邪を引いていますが今年はマスクをしているお陰でなんとか乗り越えています。

さて、最近の話ですが、数件ですが、病院で危篤状態でもうそろそろかも知れませんといった内容の電話が続いています。色々な想いを抱きながら門徒さんも最後の準備に向けてご苦労されていることと思います。

一方で最近は葬儀社の方と日時まで決めてからお寺に連絡される事があります。突然のことですけれども、葬儀社よりもお寺に先にご連絡を頂くことで門徒さんにとってもスムーズに儀式を執り行うことができます。通常、葬儀の日程は寺院側のスケジュールと斎場の空き状況や葬儀社のスケジュール、そして遺族の意向を確かめながら決めていきます。

特に潮見表でいう大潮(新月や満月の前後)を含めた前後は昔から言われているように、人が生まれたり、亡くなったりすることが多く、大潮の日の下げ潮の時にお亡くなりになられる方が実際圧倒的に多いのですが、お寺では通常の法務に加え法事なども受けているために日時まで決められ変更できない状態で連絡を貰うとこちらは動けなくなることが多々あります。(場合によってはお断りしないといけないこともあります)スケジュールを調節することも葬儀社の大事な仕事ですが、最近はそういったことを勝手に決めてしまう葬儀会社が増えているのは大変な事です。

例えば、数日にわたって旅行に行くときにホテルなど事前準備を(予約など)せずに旅行に行く方はほとんどいませんし満室状態であるにも関わらず、強引に泊めてほしいと言う人もいません。大事な行事ほど事前に準備することが世間の常識としてあります。

実際には遠方から親戚を呼ぶ法事を予定している方の日時にお葬式がかち合うことがあります。数ヶ月も前から準備をされているのですから、何でもかんでもお葬式が優先されるとは限りません。そうならないためにも微妙な時間の変更や斎場の混み具合でスケジュールを葬儀社の方と相談しながら葬儀の日を決めます。

人生の最後の儀式ですから最近では終活という言葉が流行っているように事前に準備をされる方が増えています。終活では遺影や葬儀社を決めたり、遺言を残したりするそうですが儀式を知るということも含めてお寺に相談されることは大事であると思っています。

最近はコロナの影響もあって家族葬を行うことが増えています。沢山の方が家族葬は安いと思ってられるのも事実ですが、金額の大小はやり方です。優良な葬儀社と亡くなった方や喪主の意向で随分とかわります。

以前、実際にあった話ですが家族葬で見積もりの3倍、金額にして350万円の費用を葬儀社に払ったと聞きました。とんでもない悪質な葬儀社です。詳しく聞けば、本当に儀式に必要なものは全てオプションになっていて儀式には関係の無い装飾がセットになっていたというものです。水商売をされている店よりもドリンク代が高いなど足下を見て商売されている悪質な葬儀社があるのも事実です。

当定願寺本堂でお葬式を執行されると基本的な飾りはすでに内陣のお荘厳をそのまま使うので大幅なコストをカットすることができます。もちろん儀式としても正式なお荘厳で勤める事ができます。最近、流行の某葬儀社の会員制度、月額○○円の会員価格を払う必要もありません。ご自宅や地域の会館を使用されるなどやり方はいくらでもあります。金額を抑えることだけにこだわらずに、儀式としてきっちりと執行して頂きたいと願います。

金額はおさえたい。でも儀式はきっちりと勤めたい。そのような方ほど葬儀社を決める前にお寺に相談されることを推奨します。家族や身内の方が亡くなった際には一番にお寺にご連絡をしていただきたく思います。

 

合掌


報恩講も無事に終わりました

 

十月二十四日(土)講師に守口市清澤寺住職澤田見師をお迎えし報恩講を厳修致しました。法話のテーマは「疫癘(えきれい)といのち」で、蓮如上人のお書きになった御文「疫癘の御文」(四帖目九通)より「生れはじめしよりして定まれる定業なり」についてお話くださいました。

総代様、年行事の皆様には準備から後片付けまでお世話を頂きありがとうございました。又、多数の御参詣、御懇志上納下さいました事、厚く御礼申し上げます。

 

合掌


報恩講の準備

明日は報恩講が勤まります。
今年の定願寺報恩講はコロナウィルス感染拡大防止のために法中さんを減らし、飛沫対策をしました。

今日は朝から総代様が来られて以前作って頂いた衝立がバージョンアップしました。

座席数は総代席を含めて32席用意しました。

明日10月24日 午後2時 より
ご法話 は清澤寺住職 澤田見師(休憩なしの40分程度のご法話の予定です)となっております。

修正会ぶりの法要となります。マスクを着用した上でご参加くださいますようお願い致します。

合掌


報恩講のお知らせ

謹啓 初秋の候 皆々様には益々ご健勝のことと存じ上げます
平素は定願寺に対しまして何かとご協力を賜りありがとうございます

さて、今年は新型コロナウイルスにより、行事という行事を行うことが出来ませんでしたが、報恩講だけは何とか実施出来ないかと住職、総代で何度も話合いをし、コロナウイルス感染拡大防止対策をし、お席を通常よりも減らしたうえで(三十席)、報恩講を厳修したく存じます
講師には、定願寺ではおなじみの澤田秀丸先生のご子息で、東本願寺でも最近は御法話をよくされます、守口市清澤寺住職、澤田 見氏を迎え、親鸞聖人の教えを聞く機会になれば幸いです
なお 本来ならば、十月二十三日は子ども報恩講を実施しておりますが、こちらは中止という事になりました

新型コロナウイルス感染の終息が見えない中、色々な考えがお有りの事と思います 皆様の健康が第一でございますので、よくお考えいただき、ご参詣いただければ幸いでございます

合掌

  令和二年九月

報恩講
日時 十月二十四日(土)午後二時 御始
場所 定願寺本堂
講師 澤田 見(守口市清澤寺住職)
持物 念珠、マスク着用

小丘山定願寺


コロナウイルス

定願寺の門信徒の皆様

8月5~7日は夏季法務休暇を頂きました。ありがとうございました。

さて、連日の報道の通り大阪ではコロナウイルスの拡大が止まりそうにありません。
8月7日現在の大阪府発表のデーターではこの1週間の合計新規陽性者は1339人 数新規陽性者の感染不明の割合が56% 直近1週間の人口10万人あたり新規陽性者数は15人を超え、70歳以上の感染者も増えています。確実に4月5月よりも状況は悪いと言えます。

最近は定願寺の門信徒の方々からも自粛、本堂でお参りの連絡が半数を超えてきています。
外国の死者数を考えると、年配の方が中心となっている現在のお寺の状況では軽視できません。世間では自粛はしなさい、不要不急の外出は控えなさい、経済を優先しなさい、旅行を推奨するキャンペーン、里帰りは自粛してほしいと、あちこちで矛盾を感じるわけですが、それだけ難しい問題と立ち向かっていると言う事だと思います。

年代や自分のおかれている立場や環境で考え方の違いもありますし、10人が10人同じ考えというのは難しいと思います。
定願寺では以前よりお伝えさせて頂いているとおり、今現在は月参りに関しては基本自粛の方向です。住職が知らないうちに感染するのも問題ですが、もし感染していて万が一感染を拡大してしまうような事があってはならないと思っているからです。

連休明けくらいにもう少し数字が下がれば電話にてお尋ねしながら再開させていただきます。8月15日に予定していました盂蘭盆会永代経法要・清掃奉仕は中止となっています。初盆の方を対象とした盂蘭盆会法要・中陰・法事・葬儀につきましては、予定通りさせていただいています。感染拡大防止のご協力(マスク・3密・手洗いうがい)を継続してお願い致します。


法話「楽に生きる」沖野頼信先生/真宗大谷派大阪教区「銀杏通信」

この動画は以前、大阪教区銀杏通信で製作した沖野先生の法話です。よかったらご覧になってください。

足下ばかりを見ないで遠い先を見たとき、今、なんとか乗り越えれば遠くない未来は明るいと思っています。

合掌


コロナウィルス拡大

定願寺の門信徒の皆様

連日のテレビ報道もそうですが、身近な所でコロナウィルス感染が聞こえてきました。皆様におかれましてもマスクの着用と手洗いうがいを心がけて予防してください。

現在、定願寺本堂内で行われる法事、法要等では椅子等の備品の除菌の徹底に加えて座席数を減らし間隔をとり、アルコール除菌の設置と非接触体温計による検温の実施等ガイドラインにそってお寺を使って頂いています。御理解と御協力のほどよろしくお願い致します。

なお、今後の予定ですが、すでに手紙で配布させて頂いております通り8月15 日に予定しておりました盂蘭盆会永代経法要、清掃奉仕は中止となっております。 8月5~7日は夏季法務休暇となりますので8月4日の逮夜総経は予定通りさせて頂きます。初盆のお参りの方も予定通りさせて頂きます。

初盆の方で手紙が届いていない、あるいは返信がまだの方は定願寺までご連絡をお願い致します。 マスクの着用を徹底し、感染拡大防止にご協力頂きますよう宜しくお願い致します。

合掌


御門徒の皆様へ 大事なお知らせ

2020年7月7日

定願寺門信徒各位

定願寺住職 楠  正知
定願寺責任総代 川端 芳治

定願寺より大事なお知らせ

 平素は宗門・定願寺の護持、教化活動にご理解頂きありがとうございます。新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止および御門徒の皆様の健康と安全を確保するため7月6日に住職・坊守・総代で総代会を開き今後の法務教化活動及びコロナウイルスの対応について話合い、今後の指針を以下の通りご報告致します。門信徒の皆様には大変ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願い致します。

合掌

①月参りについて
大阪府が発表(http://www.pref.osaka.lg.jp/iryo/osakakansensho/corona_model.html)しております、大阪モデル(新規準)を基準に黄色・赤色が点灯しましたら月参りは基本的には4月・5月と同様に自粛し本堂にてお参りをさせて頂きます。緑色の基準内でもコロナウイルスを理由に本堂でお参りを希望される方はお電話にてご連絡ください。体調不良を感じる場合も同様にお互いに連絡を取り合いたいと思います。現時点では緑色の点灯ですので、通常通りお参りをさせていただいています。もし黄色が点灯しましたら、電話連絡させていただきます。黄色が点灯していてもご自宅でお参りをご希望されます方は個別に対応させていただきます。薬の無い現状に於いては、移らない・移さない事が大事です。近所の診療所に薬が出回るまで警戒していきたいと思っています。

②法事について
これまで通り、ご自宅よりも定願寺本堂にて(20名程度の人数)法事を頂く事を推奨します。アルコール除菌、マスク着用の徹底をお願い致します。

③盂蘭盆会永代経法要(8月15日)について
今年予定しておりました盂蘭盆会永代経法要はコロナウイルスの影響を考え、昼の部・夜の部、共に中止ということが総代会で決定しました。既にご参拝をご計画いただいていた皆様には大変恐縮に存じますが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。なお今年が初盆にあたる御門徒様には個別に案内させて頂きます。

④清掃奉仕について
9月中旬に予定をしておりました、1年に1度の清掃奉仕ですが、コロナウイルスの影響を考え今年度は中止ということになりました。来年は是非実施したいと思っています。

⑤夏季法務休暇・逮夜総経について
8月5日より7日の間は夏季法務休暇となります。8月4日午後2時より5日~7日の月参り対象の方のお勤めを定願寺本堂にてお勤めします。対象の方には個別に案内させていただきます。


本堂使用のお知らせ

大阪ではコロナも徐々におちついてきました。まだまだ油断はできませんが、近所の飲食店など、徐々に活気が戻りつつあり、嬉しく思っています。定願寺のお参りの方は現在月参りに関しては5割くらいです。まだまだ油断はできませんので、今後も注意をしながらつとめたいと思っています。お互いに風邪などの症状がありましたら無理はせずにご連絡をお願いしたく思っています。
 
さて、今回は定願寺本堂使用についてお知らせがあります。
 
6月23日~25日の3日間 本堂の空調工事の為に終日本堂を使用する事が出来ません。ご迷惑をおかけしますがご理解のほど宜しくお願い致します。
 
合掌