孟蘭盆会永代経法要

お盆を迎えるに当たり、身近な皆様方の御先祖様の菩提をお敬い申し、永代に渡って尊いお経様のご縁に会い、お経の心を聞かせていただく孟蘭盆会永代経法要を下記の通り定願寺本堂において勤修致します。
門徒(お寺の門をくぐる人)として御家族で御参詣下さり、皆様方それぞれの御先祖様方の御遺徳をお偲び申し御焼香して下さい。

合掌

法話 真東和博 師(滋賀県・専通寺)
日時 八月十五日 午後二時~  午後七時~
場所 真宗大谷派小丘山定願寺本堂
住所 大阪市生野区巽南一丁目十番十号
電話 〇六(六七五八)一六八四

*尚、正座の出来ない足の悪い方の為に多数の椅子も用意しておりますので是非共御参詣下さい。


春季彼岸会永代経法要御案内

春季彼岸会永代経法要御案内

寒い冬もようやく過ぎて、一年で最もすごしやすい季節になろうとしております。
 春季彼岸会永代経を下記の通り厳修いたしますので、どうぞ御参詣ください。
「彼岸」はいうまでもなく「此岸」に対する言葉で、仏教では私たちの理想とし、求めるべき真実の世界を示すものであります。これに対し「此岸」は、現に私どもが生活している現実の世界をたとえるものであります。
 彼岸会は、日本にはじまる仏事でありますが、このよい季候のときに、欲望の炎の燃え盛るわが身をかえり見ながら、聞法の機会とさせて頂きたいと思います。合掌

法話  平野 圭晋 師(願隨寺)
日時  3月23日午後2時~ 午後7時~
場所  真宗大谷派 定願寺本堂
住所  大阪市生野区巽南1-10-10
電話  06(6758)1684

※先生のご都合により宮部 渡師より平野 圭晋師に変更


定願寺報恩講(結願日中)・子ども報恩講終了

満堂の中、今年も無事に報恩講を迎えました。
今回、1週間ほど前に突然に住職から御俗姓の御文を読みなさいと言われ、今まで法要後は法中部屋に入ってたので正直、聞いたこともなければ見たこともない御俗姓御文を読む機会を頂きました。
とはいえ、生野区民祭りやプライベートなどでとても多忙な日々を送っていたために実質お稽古出来る日は2日間だけでした。
京都から東本願寺の堂衆のCDを取り寄せて暇があれば聞き込み、なかなか慣れない旧字体の漢字を覚えるところからはじまりました。

IMG_2973

何時間にもわたって練習をしましたが、本番ではその甲斐無く2,3カ所切るところを間違いましたが、この体験が大事だと思いました。

夕方からは近所の子ども達と一緒に子ども報恩講を勤めました。
去年よりも沢山の子どもに来て頂き、一生懸命になれない正信偈を読む姿に感動しました。
大阪教区の方や総代様の力を借りながらこのような子ども報恩講を今年も出来たことを本当にありがたく思っています。

IMG_2998

IMG_2996

今回は参加された子どもさんにキンを打ってもらい、調声もしていただきました。

ブットン君も大人気で本当に楽しそうな子ども達でした。
又来年もするので是非遊びに来て下さいね!!

IMG_3018

IMG_3020

明日は定願寺報恩講の結願日中のお勤めが2時より勤まります。本日に引き続き明日もどうぞ宜しくお願いします。

報恩講(結願逮夜)法要次第 

先 出仕

次 総礼

次 正信偈 真四句目下
  念仏讃 淘五
  和讃  五十六億七千萬 次第六首
  五遍反

次 回向  我説彼尊功徳事

次 総礼

次 退出

一、御俗姓御文拝読
一、法話
一、恩徳讃

                    以上

子ども報恩講
正信偈(草四句目下) 同朋奉讃
和讃 弥陀成佛のこのかたは
回向 願以此功徳


写真

過去に本山奉仕団に行った時の集合写真をパソコンで引き伸ばし、フレームは100円均一にて購入し本堂に展示しました。
また一昨年、去年と子ども報恩講の時の集合写真と親鸞聖人750回御遠忌の時のお祝いの額を本堂に飾りました。

IMG_0406

IMG_0412

10月23日の子ども報恩講でも集合写真をとって残したいと思います

※ いずれの写真や額は本堂に直接ネジや釘を使わずにとめています。


盂蘭盆会永代経法要にて

先日得度式をしました娘の紹介を法要前(夜の部)にしました。
IMG_7684

直綴・墨袈裟を纏い、僧侶として初めて盂蘭盆会永代経法要(夜の部)に出仕しました。
IMG_7707
親子3世代でお参りをするのは初めてではありませんが、得度を経験したこともあってか(娘は)普段余り読まない仏説阿弥陀経を一生懸命読んでいる姿が印象的でした。

御法話は滋賀県・専通寺の真東和博先生に今年も世話になりました。

IMG_7726

終戦記念日の今日、70年目の節目を迎える大事なこの日にこうやって沢山の方が定願寺に足を運んで頂けたということ。
先祖を思う気持ち、戦没者の思う気持ち、今このように平和で安心して暮らせること。
「命」を考える時間を持てるということが本当に大事な事だと思うのでありました。

総代を始め、年当番の皆様には準備から最後の片付けまで本当にありがとうございました。

合掌

IMG_7716

盂蘭盆会永代経 法要式次第(昼)
先 出仕
次 総礼
次 伽陀  先請弥陀
次 表白
次 御経  佛説無量寿経
次 伽陀  直入弥陀
次 総礼
次 願生偈
念仏讃 淘五
和讃  選び三首
次 回向 願以此功徳
次 退出
次 御文
一 法話

以上

盂蘭盆会永代経 法要式次第(夜)
先 出仕
次 総礼
次 伽陀  万行之中
次 表白
次 御経  佛説阿弥陀経
次 短念仏止
次 総礼
次 正信偈 同朋奉讃式
和讃 弥陀成仏のこのかたは
次 回向 願以此功徳
次 退出
一 法話
一 恩徳讃

以上


孟蘭盆会永代経法要

夏本番、みなさまのびていませんか?熱中症という言葉が飛び交っているので気をつけてくださいね♪

先日お参りをしていたら、お腹の調子の悪い子猫がいやしてくれました。
IMG_0089.JPG

現在お薬を飲みながら調子を整えているそうです。
私たちも調子を整えながらこの夏バテないように乗り切りたいですね。

さて、お盆の法要まで残り2週間を切りました。
定願寺では毎年8月15日お昼2時からと夜7時からお勤めをします。
どなた様も家族そろってお参りにきてくださいね♪

法話 真東和博 師
日時 8月15日 午後2時~ 午後7時~
場所 真宗大谷派小丘山定願寺本堂
住所 大阪市生野区巽南1丁目10番10号
電話 06(6758)1684

*尚、正座の出来ない足の悪い方の為に多数の椅子も用意しておりますので是非共御参詣下さい。


明日は報恩講

先週の日曜日に親戚や総代さんをはじめとする御門徒の方々に集まっていただき、おみがきをして頂きました。

IMG_8137.JPG
IMG_8136.JPG
IMG_8138.JPGピカピカになった仏具を前に明日は1年で1番大切な法要・報恩講がはじまります。

 

そして、今日はオカモト建設さん御協力の下、総代さんと一緒に幕をかけて頂きました。

IMG_8189.JPG
IMG_8190.JPG
IMG_8193.JPG

10月23日 PM2:00
10月23日 PM6:00(子ども報恩講(子ども会))
10月24日 PM2:00

法話は入江健明氏です。

子ども会ですが、先着50名に記念の腕輪念珠をプレゼントします。
正信偈を読んだ後、記念撮影・ゲーム等を考えています。宗派を問わず一緒にわいわい思い出を作って頂くのが趣旨です。
どなたさまでも多数の参詣をお待ちしています。

合掌


盂蘭盆会永代経法要をしました。

IMG_7109終戦の日の8月15日、定願寺にて盂蘭盆会永代経法要が厳修されました。お昼も夜も沢山の方にご列席いただき、厳粛なる法要を営むことができました。
今年はお昼の法要式次第の変更をし、お昼の法要でも正信偈を同朋奉讃式で御門徒の方々とお勤めしました。沢山の方とこの正信偈を頂くと奉仕団でお世話になった京都の東本願寺の同朋会館を思い出します。

そして御法話は滋賀県・専通寺の真東和博先生に頂きました。
IMG_7110

とても熱心に聞き入って下さる御門徒の姿勢に背筋が伸びるのでした。
総代を始め、年当番の皆様準備から最後の片付けまで本当にありがとうございました。

盂蘭盆会永代経式次第(昼)
先 出仕
次 総礼
次 伽陀  先請弥陀
次 表白
次 御経  佛説阿弥陀経
次 伽陀  直入弥陀
次 総礼
次 願生偈
  念仏讃 淘五
  和讃  選び三首
次 回向  我説彼尊功徳事
次 総礼
次 正信偈 同朋奉讃式
  和讃 弥陀成仏のこのかたは
次 回向 願以此功徳
次 退出
次 御文
一 法話
                    以上

盂蘭盆会永代経式次第(夜)
先 出仕
次 総礼
次 伽陀  万行之中
次 表白
次 御経  佛説阿弥陀経
次 短念仏止
次 総礼
次 正信偈 同朋奉讃式
  和讃 弥陀成仏のこのかたは
次 回向 願以此功徳
次 退出
一 法話
                    以上


孟蘭盆会永代経法要御案内

お盆を迎えるに当たり、身近な皆様方の御先祖様の菩提をお敬い申し、永代に渡って尊いお経様のご縁に会い、お経の心を聞かせていただく孟蘭盆会永代経法要を下記の通り定願寺本堂において勤修致します。
門徒(お寺の門をくぐる人)として御家族で御参詣下さり、皆様方それぞれの御先祖様方の御遺徳をお偲び申し御焼香して下さい。

合掌

法話 真東和博 師(滋賀県・専通寺)
日時 八月十五日 午後二時御始   午後七時御始
場所 真宗大谷派小丘山定願寺本堂
住所 大阪市生野区巽南一丁目十番十号
電話 〇六(六七五八)一六八四

*尚、正座の出来ない足の悪い方の為に多数の椅子も用意しておりますので是非共御参詣下さい。